So-net無料ブログ作成
検索選択

宇宙人かも?! [最近のニュース]

新聞報道(※)によると、日本時間2010年12月3日の午前4時から、NASAアメリカ航空宇宙局が、
「地球外生命体の証拠の探索に影響を与える宇宙生物学上の発見」 に関して会見を行うらしいです。

で、専門の研究者や宇宙人ファンなどの 「宇宙ヲタク」 の間では、
新種のバクテリア発見に関する発表、とか、ついに宇宙人の存在が証明される、とか、
いろいろ憶測が飛び交っているようです。

何が発表されるのかは判りませんが、
UFOブームの頃に宇宙人の存在を否定する専門家が盛んに叫んでいた、
「水不可欠説」 には理解しがたいものがあります。

つまり、生命の維持にはエネルギー循環を媒介する流動性物質の存在が不可欠で・・・・
という論理ですが、

これは地球の理屈に過ぎません。

だいだい地球のことさえ大して解明していないのに、
その僅かに掴んだ地球の理屈を、全宇宙に当てはまる普遍の真理と捉える思考は、
研究者の態度として如何なものでしょうか?

どこまで広いかさえも判らない宇宙には、いや地球にだって
水を媒介としないエネルギー循環や老廃物排出のしくみを持った未知の生物は居るかも知れませんし、
体内には水持ち、それを一切排出しない身体構造・機能を持った生物がいるかも知れません。

それなのに、どうして研究者と呼ばれる人たちは、
地球の理屈の、僅かに判ったごく一部だけで、全てを捉えて結論を出して勝ち誇るのでしょう?
蓋然性への探求心を欠いた、ずいぶん傲慢な思考ですね。

とはいえ今回は、
「証拠の探索に影響を与える」 という微妙に曖昧な中間点的な表現なので、
宇宙人を捕まえた! みたいなハナシではないのでしょう。
地球上の、すごく古いタイプの未知のバクテリアでも発見した程度なのでしょうね。


※ 情報ソース → 2010年12月1日付 『東京新聞』 夕刊 一面。


nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。